2006年5月10日 (水)

『陰日向に咲く』

2日間で一気に読んだ。予想はしていたけれど、タイトル通り世間では隅っこの方にいる人たちのお話なんですが、この著者結構屈折してます。(笑)

出てくる人たちが自由を求めてホームレスにあこがれるおじさんとか、アイドルに恋をしてしまう男の人とか、ギャンブルで借金まみれの駅員さんとか・・・。目の付け所がね、ちょっと不幸な人達にスポットが当てられているんです。だから最初は、正直これって、普通に周りにいたら気持ち悪いとかって言われてしまう人たちだよね・・・って思って読んでいました。だけど読み進んでいくうちに、「この人馬鹿だなー」とか思うんですけど、文章の視点が温かくて、登場人物達が色んな人たちにかかわっていくうちに運命が変わっていく感じなんです。あと、やっぱり芸人さんですね。きちんと笑えるツボがあるし、一話ごとにちゃんとオチもあります。

読む人によって好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私はこの小説、好感触でした。買わないまでも、図書館で借りて読む価値は充分にあると思いますよ。ただし、予約でいっぱいだけどね・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)