« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年11月 2日 (木)

チェコアニメ映画祭(とお買い物♪)

段々寒くなってきたなーと思ったら、もう11月です!私は昨日、黒いブーツを買いました。もう、清水の舞台から飛び降りるくらいの勢いで、44,100円もするブーツを買ってしまいました・・・。

いやね、前から欲しかったんですけど、私の条件に合うものがなかなかないんですよ。

1:余計な飾りのないシンプルなデザインであること。

2:ファスナー開閉であること。

3:(ここが一番大事。)ヒールが太く、高さが5cm以内であること。

4:つま先が尖りすぎていないこと。

やっと・・・見つけたんですよ。まぁ、物持ちがいいほうだから、長くはいたら元は取れるはずです。(ちなみに茶色と、茶と黒のツートーンカラーのものは、同じ値段ですが、完売してしまったそうです。取り扱っているのは、IENA藤井大丸店です。)

ところで、昨日、お買い物の前に、『チェコアニメ映画祭』を観に、京都シネマに行ってきました。

チェコアニメのイメージと言えば、日本のアニメと違って、素朴なイメージで、絵本に近いイメージを持って観にいったのですが、もちろん、そういう作品もありました。

その代表的なものが、パレチェク製作の『ちびトラちゃん』

怖がりな小さなトラが、病気のお母さんを救うためにお医者さんを呼びに夜道を行くのですが、最初見たときはどう見ても子猫。(笑)あまりにも臆病で、途中大人のトラたちに臆病だから、縞模様を取られてしまったり。

これは本当にほのぼのした楽しい作品。色彩も綺麗でした。

あと、ポヤルの作品、『動物が好きな男』もなかなか楽しいお話でした。一人暮らしの寂しいおじいさんが、最初稚魚を買ってきてえさをたくさん食べさせていたら、どんどん大きくなって、鯨になってしまったり、子犬を飼ってきたと思っていたら、像にせいちょうしてしまったり・・・。最後は猫を飼うのですが、とうとうお爺さんはなくなってしまいます。少し悲しいですが、これも可愛らしいお話です。

かとおもえば、ちょっと怖いお話もあったりして・・・

タイトルは、『復讐』

若い男が愛する女を奪った相手を殺すために悪魔から魔法の手を買う。男は相手を殺し、絞首刑になるが、その後も悪魔の手は生き続け・・・・

そう、こういう毒のあるところもこの国のアニメの特徴のようです。

後、台詞はないけど、ふきだしの形が像になったり、ぱずるになったりして、いろんなことばが大きな話になったりするさまを描いた、『ことば、ことば、ことば』

色んなニュースや、新聞の情報は、毎日肉をむさぼるようにして仕入れるけれど、やがて風化していくことを風刺した作品、『メディア』

どれも5分から10分程度の短い作品なんですが、リアリティーを追求している日本のアニメと違って、見ているほうのイマジネーションが膨らんでいく幹事の作品がとても多かった。

可愛くて毒のある感じも、もちろん私好みでした。

この映画祭は11月10日(金)までやっています。

※プログラムはA~Dまであります。時間によって違うので、確認してから観にいってくださいね。

とにかく、可愛い物好きにはお勧めです☆

| | コメント (6) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2007年1月 »