« やっとこさ復活 | トップページ | はいさ~い!帰ってきたさぁ☆ »

2006年10月 8日 (日)

時間の使い方

新しい手帳が書店に並ぶ季節になりましたね。去年までは化粧品会社が無料で配布してくれる薄型の手帳を使っていたのですが、

「時間が具体的にわかって、一日のうちにどのくらいのスケジュールがあるか、わかるもののほうがいいな。」

ということで、今年から手帳を買ってみたのです。

今年、そして来年とお世話になるのは藤沢優月さん監修の『夢をかなえる人の魔法の手帳』です。これ、タイトルからして凄く気になりますよね?(笑)色もローズピンクだし、可愛い女の子のイラストもついています。手帳にしてはサイズが少々大きいんですが、それは色々な事がメモできるようになっているんです。

この手帳を何故選んだかというと、この手帳には月ごとにちょっとずつ藤沢さんのエッセイが付いていて、今までの手帳は時間を効率よく、沢山のスケジュールをこなすためのものでしたが、そうではなくて、一日や一週間、一ヶ月を、自分のやりたいことを堂々と優先させて、時間に追われるのではなく、自分と向き合う時間を大切にしましょうと書いてあるんです。

そして、エッセイと一緒に今自分が何がしたいのかを書くワークシートとかがついていて、それを元にスケジュールを組んでいくと、最初に願っていた状況がおのずと近づいてきますよっていうことなんです。

具体的な手帳の内容ですが、まず一ヶ月の予定が見渡せる月リストがついていて、ここには

(1)日にちが正確に決まっている

(2)数日にまたがる

(3)定期的な

予定を書き込みます。※ここには時間は書き込みません。

そして、その上には旬間表がついていて、1~10、11~20、21~30と、10日ごとの大まかな予定や、その次期にしたいことを記入していきます。

そして、空欄(メモスペース)にはその月にやってみたいこととかを記入していくわけです。

そして次のページからは一週間見開きの時間軸付きの予定表です。下のほうにTO、DOリストも付いています。時間軸への記入の仕方は、コツとしては時間に幅を持たせて記入すること。

たとえば、友人とランチ12時と記入するのではなくて、大体一時間くらいなら、ラインマーカーで時間のところを一時間分線を引いて、その横に友人とランチって書くんです。

こうすることで、どのくらいの時間が必要で、後どれくらいの予定が入れられるかがわかります。

TO、DOリストは、その日しなくてはいけないことを書き込みます。

終わった用件は○をつけ、まだ終わっていないことにはチェック印を付けていきます。

あとは月リストのページと同じように空欄にはその週にしたいことを上に書いて、下にはやらなくてはいけないことを書いていきます。

どうですか?なんか良さそうでしょ?

でもこんなにいい手帳なのに、私今年は途中までしか記入できてない。(涙)楽しい予定もたくさんあったのにな。

なので、今度こそ!手帳を楽しいことで埋め尽くそうかと思っています!

あとは体がもう少し元気になってくれればね・・・。

|

« やっとこさ復活 | トップページ | はいさ~い!帰ってきたさぁ☆ »

コメント

手帳ですか。手帳の活用の仕方次第で時間の使い方を左右しますからね。なかなか頭の良さそうな構成みたいですね。おいらも手帳は仕事の生命線になっているので欠かせないのですが、仕事の予定ばっかり書いてあって全然華が無いですね(泣)
楽しい予定が沢山あるんですか、うらやましい。おいらも手帳に楽しい予定を沢山書いてみたいもんだ。

投稿: ぴしあん | 2006年10月 9日 (月) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97740/3736780

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の使い方:

« やっとこさ復活 | トップページ | はいさ~い!帰ってきたさぁ☆ »