« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

女子フィギュアスケート グランプリ・ファイナル

安藤美姫、グランプリ・ファイナル優勝おめでとう!

今年の2月のトリノ・オリンピックの時は、自信無さそうで、得意のジャンプもミスが続いていた彼女。このとき、「日本に帰りたい。」と言っていたことから、ああ早くここからいなくなりたいんだろうな、とみていて思っていたし、五輪が終わった時、「スケートを辞めたい」と言っていたそうだけれど、荒川静香に、「やっぱり競技生活を続ける」と宣言してから、ここまでよく持ち直したと思います。

演技自体の内容もトリプル+トリプルも決まっていたし、ショートプログラム、フリー、共に今までの自信のなさが嘘のよう!久しぶりに元気な彼女の演技を見ることが出来ました。

何より彼女のスマイル☆これで完全復活ですね。

ちょっと残念だったのは、浅田真央ちゃん。

いつもより勢いがなくて、難易度の高いジャンプが決められなくて、3位と言う結果に・・・。精神的にも肉体的にもこれから成長が望めると思うので、あの天真爛漫な演技から、どうなっていくか楽しみです。

ともかく、男子も織田選手が優勝したし、これからのフィギュア・スケートは日本人の選手に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

はいさ~い!帰ってきたさぁ☆

タイトルを見て、ん?と思われた方もいらっしゃるでしょうが、16日から18日まで3日間、連休を取って沖縄に旅行に行ってきました!

沖縄と言えばやっぱり海ですよね。エメラルドグリーンに輝く海は本当に綺麗。特に今回は「まんざもう」(←ごめんなさい、漢字忘れてしまいました。)というところで、水平線に沈む夕日を観ることが出来ました。海がピンク色に光るし、空は薄紫色になって、グラデーションが本当に綺麗でした。

ただ・・・ここは2時間ドラマ(火曜サスペンスとか)で、片平なぎささんが出てきそうな断崖絶壁なのです!!何を隠そう、私は高所恐怖症なのですよ・・・。そんな私に、一緒に行った子は、「ここの崖の先っぽに行って、ジャンプしてみ。」と言ってきた!

命がいくつあっても足らんわ・・・。

ただ、景色は最高に綺麗でした。

ところで・・・そう、高所恐怖症と言うことは、ここで一つの疑問が生まれます・・・。

飛行機はどうしたのか?

実は飛行機に乗るのはこれが3回目。わけがわからないくらい高いところは逆に平気なんですよ。(笑)でも、観覧車とか、京都伊勢丹の一階から二階に続くエスカレーター(特に下り!!)は絶対に乗れません!!足すくみます・・・。

そして、沖縄と言えばやっぱり独特の食べ物!!今回「なんかリクエストある?」と聞かれて、聞いてきた子は行き先を聞いたんでしょうが、美味しそうな食べ物のリクエストばかりしていた食いしん坊の私♪

でも希望していたものはみんな食べることが出来ました。

まず「うみぶどう」これは海草なんですが、名前の通りぶどうみたいな粒がいっぱいついている。食感は数の子とかを食べたときみたいにプチプチします。

あと、「じぃまみどうふ」普通のお豆腐より弾力があって、ほのかにピーナツの風味がします。

「ソーキそば」これはそばといっているけど、小麦粉で出来ていて、うどんよりもこしが強く、ちぢれていて、上に骨付きの豚の3枚肉が乗っています。

「ラフテー」沖縄版豚の角煮。泡盛と味噌で煮込んであってやわらかく煮込んであって美味しかったです。

「ミミガー」味噌仕立てのものと、酢の物の両方を食べたけれど、こりこりした食感が美味しかったです。もとは豚の耳です。

「ブルーシールのアイスクリーム」私は紅芋味と、さとうきび味を食べました。どちらも美味しかった。ただ、ゴーヤ味は恐くて手が出ませんでしたが。

「タコス、タコライス」これはメキシコ版タコスと違って、油で揚げてありました。中身はトマトとチーズとひき肉で味はカレー味。タコライスも味はそんな感じかな。アメリカ人の軍人さんは結構好きな味だと思う。

「ぶくぶくコーヒー」カプチーノみたいに泡立っているコーヒー。泡はミルクの泡ではなくて、コーヒーそのものの泡だそうです。

どうです?いっぱい食べてるでしょ?(笑)

どれも美味しかったし、お店の人も親切だったり、この子ハーフかな?と思う子がいたりしました。やっぱり土地柄ですよね。

今回は本島をめぐったんですが、那覇は都会でした。お土産やさんがいっぱい!私はお土産に「ちゅら球」のネックレスを持ち帰ることにしました。ちっちゃなガラスだまの中に小さな粒があって、暗くなると光るんですよ。

あと、首里城と、ちゅら海水族館にも行ってきました。

首里城は柱や椅子に金色の竜があしらわれていて、色は朱赤。同じ日本ですが、元は中国と交流があったからか、ちょっと中華の香りがしました。

水族館はギネスブックにも載っている世界一大きなアクリルの板が使われている水槽があって、しかも天井にも水槽が!!大きなじんべいざめがゆったりと泳いでいる姿は壮観でした。

あっという間でしたが、本当に楽しい3日間でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

時間の使い方

新しい手帳が書店に並ぶ季節になりましたね。去年までは化粧品会社が無料で配布してくれる薄型の手帳を使っていたのですが、

「時間が具体的にわかって、一日のうちにどのくらいのスケジュールがあるか、わかるもののほうがいいな。」

ということで、今年から手帳を買ってみたのです。

今年、そして来年とお世話になるのは藤沢優月さん監修の『夢をかなえる人の魔法の手帳』です。これ、タイトルからして凄く気になりますよね?(笑)色もローズピンクだし、可愛い女の子のイラストもついています。手帳にしてはサイズが少々大きいんですが、それは色々な事がメモできるようになっているんです。

この手帳を何故選んだかというと、この手帳には月ごとにちょっとずつ藤沢さんのエッセイが付いていて、今までの手帳は時間を効率よく、沢山のスケジュールをこなすためのものでしたが、そうではなくて、一日や一週間、一ヶ月を、自分のやりたいことを堂々と優先させて、時間に追われるのではなく、自分と向き合う時間を大切にしましょうと書いてあるんです。

そして、エッセイと一緒に今自分が何がしたいのかを書くワークシートとかがついていて、それを元にスケジュールを組んでいくと、最初に願っていた状況がおのずと近づいてきますよっていうことなんです。

具体的な手帳の内容ですが、まず一ヶ月の予定が見渡せる月リストがついていて、ここには

(1)日にちが正確に決まっている

(2)数日にまたがる

(3)定期的な

予定を書き込みます。※ここには時間は書き込みません。

そして、その上には旬間表がついていて、1~10、11~20、21~30と、10日ごとの大まかな予定や、その次期にしたいことを記入していきます。

そして、空欄(メモスペース)にはその月にやってみたいこととかを記入していくわけです。

そして次のページからは一週間見開きの時間軸付きの予定表です。下のほうにTO、DOリストも付いています。時間軸への記入の仕方は、コツとしては時間に幅を持たせて記入すること。

たとえば、友人とランチ12時と記入するのではなくて、大体一時間くらいなら、ラインマーカーで時間のところを一時間分線を引いて、その横に友人とランチって書くんです。

こうすることで、どのくらいの時間が必要で、後どれくらいの予定が入れられるかがわかります。

TO、DOリストは、その日しなくてはいけないことを書き込みます。

終わった用件は○をつけ、まだ終わっていないことにはチェック印を付けていきます。

あとは月リストのページと同じように空欄にはその週にしたいことを上に書いて、下にはやらなくてはいけないことを書いていきます。

どうですか?なんか良さそうでしょ?

でもこんなにいい手帳なのに、私今年は途中までしか記入できてない。(涙)楽しい予定もたくさんあったのにな。

なので、今度こそ!手帳を楽しいことで埋め尽くそうかと思っています!

あとは体がもう少し元気になってくれればね・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »